正社員が会社を説得して副業の許可を出してもらうには?

目安時間:約 9分

 

今回話す内容は、会社に副業を認めて方法。
ですがこれはやっぱり、そうとうハードルは高いです。

覚悟して下さいね〜 (`∇´)

 

副業の許可申請?正社員で副業許可を取る事は出来るの?でも話しましたが
会社という生き物(?)は、まずは自社の被害を想定します。

「もし認めた場合、どのような被害が想定されるか?」
「被害金額は、いくらぐらいが想定されるか?」
「被害が出てしまった場合、誰が責任を負うか?」

 

 

 

 

 

 

はぁ・・・

 

 

 

 

 

 

無理っぽいですよね・・・

 

 

 

 

 

 

  ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

 

 

 

 

 

 

実際、今の日本社会はまだまだ古い考えが根付いていますので
やはり副業はなかなか認められません。

 

『最近は副業を認める企業も増えてきている』
とは、色々な媒体(ニュースや雑誌、インターネットサイト)では言われています。

 

ですが、やはりそれは一部の会社や一部の業界。
外資系企業や、ベンチャー系、インターネット系に偏っています。

 

 

例えば大手商社系や、自動車産業系の会社、電機メーカー系など
従来からの産業の業界で、認められるかというと・・。

ほぼ無理でしょう。

社長や取締役などの経営陣。

この人達が、バブル以降に社会に出た年代まで
入れ替わらないと厳しいでしょう。

 

 

「でもどうしても、認めてもらわないと将来が怖い!家計も厳しいし・・・」

ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ

とあなたが思うならば、

『会社の利益に反しない』
『会社に被害を与えない』

を基本としての副業を考え、そして説明をしましょう。

 

 

会社を説得するために必要な状況を組み立てよう

 

 

まずは、副業の内容から。

 

副業と言っても、色々な副業がありますよね。

『アルバイト』や『インターネット関係』が定番。
他にも、『治験』などなど・・・

色々あります。

 

『株』や『FX』、『不動産投資』も、
副業と言えば副業。

 

副業の種類は、また別の機会に説明しますね。

 

 

あなたが勤めている会社、説得する為には
今の本業とは違う業界、違う職種を選ぶ必要があります。

 

例えば、家電量販店で働いている場合、
インターネットで家電を売ったりする事。

これはアウトです。

 

他にも、洋服のデザイナーをしていて、
販売員のアルバイトも説得は難しいかと思います。

 

商社に勤めていて、上場する前の会社の株を購入したりする事。

これなんかは就業規則の範疇ではなく、
インサイダーに抵触するので刑務所に入っちゃいます。

_|\○_ヒャッ ε= \_○ノ ホーウ!!

 

 

本業に支障がない事を、しっかりと説明が出来るようにしよう

 

 

本業の就業時間に、副業の電話やメールをしない事。

 

たとえ残業中であろうと、本業の就業時間中です。

もしどうしても必要に迫られても、
絶対に会社のPCや携帯、使用しないように!!

すぐにばれてしまいます。

 

必ず、本業に影響が無い副業を選び、
理論立てて会社に説明出来るようにしましょう。

 

また、たとえ勤務時間外といえども
副業で寝不足になってしまったり
肉体労働などによって疲労が溜まってしまったり。

このような状態だと、
「もしかしたら勤務中に居眠りをするんじゃなかろうか?」
と会社は考えます。

 

当然、あなたは今は、
「そんな事にならないって。」
と思っている事でしょう。

 

でも副業は、副業とはいえども仕事です。

イレギュラーが発生して、
その事に負われる事も出てきます。

 

それによって寝不足になる事も、
絶対とは言えませんが、出てきます。

 

 

副業で手っ取り早いのがアルバイト。

道路工事や警備員と言った肉体労働系や、
ファストフード店でのアルバイトなどですね。

 

これらは、あなたが思っている以上に体力が削られます。

 

本業がデスクワークの人は、
間違いなく!!
居眠りをしてしまうでしょう!

(_ _).zzzZZZ

 

私なんかは、取引先との商談中に
半分寝ていた事も・・・

 

 

副業で忙しくての遅刻や欠勤。

これはもってのほかです。

 

ですが、疲れがたまってくると
起こりえる可能性が出てくる。

 

 

こういう可能性を考えてくるのが会社ですので、
しっかりと、理論で説明が出来るようにしておきましょう。

 

 

法律に反しない、公序良俗に反しない事を説明する

 

 

当然ですが、違法行為は絶対にしない事

 

それだけではなく、
他人の批判や本業の会社の批判

ダメですよ。

けっこう、これを副業でやっちゃう人は多いんですよね。

 

アルバイトをする場合、面接で本業の会社の悪口を言っちゃったり。

アルバイト先の同僚との会話の中で、
「本業の給料が安いから〜・・・」
なんかも言ってはいけません。

 

本業の同僚や、友達と飲み会に行った時。

普通の会社員だったら、会社に対しての
愚痴の一つや二つ、言っています。

 

ですが今後は、それすらも出来なくなるという事。

 

 

本業の会社が、副業を承認してくれるという事は、
他の社員には認めていない事を
あなたには特別に認めているという事。

他の人達とあなたは、根本的に違う立場になるという事です。

 

 

ここまで、本業で勤めている会社に
副業の許可をもらうための条件やハードル、
色々と話してきました。

 

どうでしょう?

 

正直、かなり難しい事や、厳しい事も話しました。

 

「それだけのリスクを負ってまで
副業をする価値が有るのか?」

「やっぱり会社にはナイショで
副業をした方が良いんじゃないか??」

((((;゚Д゚)))))))

 

あなたは今、そんな気持ちで揺れ動いていると思います。

では次は私のように、会社に言わずに
ナイショで副業をする方法。

これを話していきたいと思います。

 

 

会社員の副業、そのリスクや将来から考える選び方

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト運営者:草薙悠
ブラック企業ばかりと言われるアパレル系の会社で働きつつ、副業のネットビジネスでゆったり悠々自適に生活しています。


⇒ プロフィール


⇒ お問い合わせ先
高額塾リアル実践記
最近の投稿
カテゴリー