時間はどうやって作る?自分の時間の作り方

目安時間:約 7分

 

『時間は作るものだ。』

 

この言葉は正しくもあり、正確ではありません。

 

意味としては、

「どんなに忙しくても、少しでも時間を捻出して、自己啓発に励もう」

概ね、こんな意味で使われることが多いです。

 

今日は、
どうやって時間を作るのか?
これについてお話ししようと思います。

 

 

ストレスを溜めては意味がない

 

 

日本人は、世界でもトップクラスに忙しいと言われています。

 

ですが、どんなに忙しい日本人でも、
一日で無駄に過ごしている時間をすべて合わせると、
1時間弱も無駄な時間があるという統計が出ています。

 

確かに、かなり大きな時間です。

一週間に換算すると、7時間。
一年間に換算すると、約15日。

 

しかも実際には、休日もあるはずなので、
これ以上の時間があるでしょう。

これだけの時間があれば、
何か一つの事を学ぶのに、十分な時間です。

 

 

ただ本当に、この無駄な時間をすべて、
勉強などに使ってしまって良いのでしょうか?

 

いえ、やめておいた方が良いでしょう。

余裕が全く無い生活をしてしまうと、
逆に効率が悪くなってしまいます。

 

 

人間には、心や身体を休める時間は必要不可欠です。

空き時間と言っても、気持ちを切り替えていたり、
心の充電をしています。

 

これを無理やり奮い立たせても、
結局はストレスばかりが溜まってしまいます。

ストレスを感じると、効率は上がりません。

 

効率が上がらないと、
睡眠時間を削ってまで時間を作らなければいけないと、
プレッシャーを感じてしまいます。

寝る間も惜しんで勉強をしようとします。

 

プレッシャーから、睡眠も浅くなってしまい、
慢性的な寝不足に陥ってしまいます。

すると、どんどん効率が悪くなるという悪循環。

 

 

気合いで乗り切れるのは、約3ヶ月。

3ヶ月なら、なんとか気合いだけで、
モチベーションを維持する事が出来るかもしれません。

この期間を過ぎてもモチベーションを維持出来る人は、
少ないでしょう。

 

では、モチベーションを維持しながら時間を作る方法、
どうしたら良いのでしょうか?

 

 

思い切って諦める

 

 

そう。
諦めるんです。

 

人間、諦めが大切という言葉もよく言われます。

この言葉、誤った捉え方をする人も多いです。

 

「もうこれくらいで良いや」

といったような、自分を甘やかす諦めではありません。

わたしが言いたい本当の意味は、
取捨選択をするという諦めの事です。

 

 

例えば、家事を諦める。

一人暮らしの男性の場合、必ずしも自炊は必要でしょうか?

 

確かに、自炊をした方が健康に良い事は間違いありません。

食費も、抑えられるでしょう。

 

ですが、
「自炊をしなければ」
というプレッシャーや、作る時間があるのならば、
外食をした方が効率が良い

 

栄養も、健康を意識しているレストランに行けば、
慣れない自炊をするよりも、
よっぽどバランスを取る事が出来るでしょう。

 

 

こまめな掃除。

これも、必要ない人も多いはず。

 

一週間に一回、二種間に一回の掃除でも問題ありません。

一人暮らしで急な来客なんて、滅多に無いもの。

遅くても前日には、来客の予定が分かるはずなので、
その時に全力で掃除した方が効率的。

 

それに、食事とは違い、
掃除をしなかったからと言って、
死ぬ事はありません

極論ですが。。。

 

 

友達や会社の人間関係、
他人からの評価を諦めてみるのも、
一つの手です。

 

忙しい時の友達付き合いほど、
時間を浪費するものはありません。

本当の友達は、一年や二年、
あまり会わなかったからと言って、
離れていく事はありません

 

たかだかこれくらいの期間で離れていくような友人とは、
一生付き合うことは出来ないでしょう。

 

 

会社の人間関係や、上司からの評価を諦めること

これは一番のオススメ。
だいぶ気持ちが楽になるはずです。

 

第三者からの目を気にしすぎるから、
無駄な時間を取られてしまったり、
気を使ってしまったりするんです。

逆に、気にしなくなれば、
自然体で接することが出来て、
人付き合いも楽になる。

 

賛否両論があるかと思いますが、
気持ちはずいぶん楽になります

 

  • 時間は自分で作るもの
  • 諦めが肝心
  • 取捨選択

この言葉は、すべてつながっています。

 

唯一、すべての人に分け隔てなく与えられているもの。

時間ですよね。

 

一日の時間は、どんなに頑張っても24時間しかありません。

そして、絶対に睡眠は取らなければいけません。

そうすると、一日に使える時間は決まってきます。

 

ただ、一日単位で見るのではなく、
一週間、一ヶ月、一年。

広い視野で見て、いかに効率よく時間を使うのか?

考える習慣を付けましょうね。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト運営者:草薙悠
ブラック企業ばかりと言われるアパレル系の会社で働きつつ、副業のネットビジネスでゆったり悠々自適に生活しています。


⇒ プロフィール


⇒ お問い合わせ先
高額塾リアル実践記
最近の投稿
カテゴリー