ネット通販の市場規模や今後の推移

目安時間:約 5分

 

いろいろな人のブログやメルマガでは、

「アフィリエイト業界は飽和状態」

というような事を言われているのを、
あなたも一度は見たことがあるかもしれません。

 

「本当に終わっているのか?」
「もうアフィリエイトは古いのか?」

 

こんなような質問が、わたし宛にもけっこう頻繁に来ます。

アフィリエイトの将来、
今後はどうなっていくのか?

この点を話してみようと思います。

 

 

ネット市場の傾向

 

 

「ネット通販の市場は、まだまだ拡大傾向にある」

このような内容も、ニュースで見たことがあると思います。

 

では、その市場規模はというと。

2013年度は、15.9兆円というもの凄い金額が出ています。

 

ピンときませんよね?

分かりやすく、他の市場規模と比べてみます。

 

コンビニ業界で 5.9兆円。

ということは、すでにコンビニ業界よりも、
3倍近くも市場規模が大きいという事。

 

次はスーパー業界。

こちらは20兆円ですので、まだネット通販市場よりも大きい。

ですが、スーパーは年々減少傾向にあり、
2014年にはネット通販が上回るのではないか?
と予測されています。

 

このことからも、ネット通販市場の巨大さが分かると思います。

 

しかも、国内消費の総金額は284兆円で、
ネット通販市場は、5.6%ほどしか占めていません。

まだまだ伸びる余地のある市場なんです。

 

ネット通販と言うと、10代や20代前半の若い人だけが
利用しているというイメージがある人も、
まだまだいるでしょう。

 

ですが、某大手アンケート会社の調査によると、
10代~70代の約9割もの人が、
ネット通販を利用したことがある
と回答しています。

数年前までは、3割~4割だったので、
どんどんネット通販市場が広がっていると統計が出ています。

この9割の中には、1回や2回しか利用していない人も含まれているので、
市場規模は、まだまだ伸びる余地はあることが分かりますね。

 

 

アフィリエイトの将来は?

 

 

では、ネット通販のど真ん中にいるアフィリエイトの将来、
どのように動いていくのでしょうか?

 

さきほども話したように、約16兆円は、
コンビニよりも大きな市場規模。

日本の人口を1億2千万人と考えると、
一人当たり、毎月1万円を、
ネット通販で使っている
という計算になります。

 

アフィリエイターの人数、増えたとは言っても、
ネットビジネスの市場規模から考えると、
まだまだ不足しているとも言われています。

今後、いろいろな人がどんどん参入してくる可能性はありますが、
現状で言うと、まだまだ飽和はしないでしょう。

 

ですが、参入が後になればなるほど、
稼げる可能性は少しずつ少なくなってきます。

なんでも、早いうちに参入しておくべきなんですね。

 

これからはネットの時代。

こう言われ続けて、すでに10年以上になりますが、
間違っていないのでしょう。

 

アフィリエイトには回り道は必要!たくさん失敗をしよう でも話しましたが、
アフィリエイトをやり始めて1~2ヶ月は、
なかなか思うように成果が出ない時期があります。

 

そんな時、

「アフィリエイトなんて、本当に稼げるの?」

と不安になる人もいるでしょう。

 

ですが、公式なデータが市場の伸びを示しているので、
間違いはないですね。

 

あとは、自分がどれだけの意識があるか。

この部分さえあれば、しっかりしていれば、
すでにもう参入しているあなたは、
将来まちがいなく成功しているでしょう。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト運営者:草薙悠
ブラック企業ばかりと言われるアパレル系の会社で働きつつ、副業のネットビジネスでゆったり悠々自適に生活しています。


⇒ プロフィール


⇒ お問い合わせ先
高額塾リアル実践記
最近の投稿
カテゴリー