ライバルサイトを蹴散らして狙ったキーワードで上位表示をさせるには?

目安時間:約 8分

 

よく相談されることの一つ、
ブログの記事を書くときの、ライバルサイトの存在

 

特に、トレンド系ブログをしている人や、
初心者に多い、こんな悩みがあります。

 

  • 検索エンジンで表示されるサイト数が多すぎる
  • 上位表示されているライバルサイトが強すぎる

 

でもこれって、考えれば考えるほど、
書くことが無くなってきませんか?

今回は、その悩みについてお話します。

 

 

ライバルのサイト数が多いことに意味は無い

 

 

まずは、ライバルサイトの数。

キーワードを決めると、
まずはライバルサイトの調査をします。

 

ライバルチェックツールなどでリサーチをしてみると。

100万や1000万のライバルサイトが表示されることは
日常茶飯事です。

 

「ライバルが多すぎる!」

「このキーワードで戦っても、絶対勝てないよ。。。」

 

こう思って、また別のキーワードを探し始める・・・

 

実は、ライバルサイトの数は、
10万サイトでも、1000万サイトでも。

多くても少なくても、まったく意味はありません

 

 

確かに、1000万もサイトがあるキーワードは、
それだけ需要が高いキーワード。

上位表示されることは、難しいかもしれません。

 

それよりも、ライバルサイト数が10万の方が、
上位表示はされやすいことは事実です。

 

ただ、上位表示されている記事のクオリティ、
そんなにも大きな差がありますか?

実際には、ほとんどレベルは変わらないでしょう。

 

検索エンジン経由で訪問する人は、
サイト数が10万でも1000万でも関係ありません。

それよりも、自分の要求を満たしてくれるサイトが、
どこにあるか?

 

ほとんどの場合、1ページ目で用は足りるはず。

もし1ページ目に、訪問者の要求を満たしてくれる記事が無ければ、
2ページ目に行くかもしれません。

 

ただ、探したとしても3ページ目くらいまで。

ここまで来ても無ければ、
違うキーワードで、改めて検索します。

 

という事は、5位以内に入っていない記事、
がんばっても10位以内に入っていない記事は。

烏合の衆、あなたのライバルサイトでは無いということです。

 

3ページ目や4ページ目までいくと、
まったく中身がないペラサイトもたくさん出てきますしね。

 

 

上位表示が大手や専門サイトばかりだと難しいのか?

 

 

上位表示が大手サイトばかりだったら、
そのキーワードでは難しいと逃げてしまう人も多いです。

 

でも、ちょっと待って下さい。

本当にその上位サイトは、
クオリティが高いのでしょうか?

 

 

まずは、大手系のサイト。

代表的なところで言うと、
All AboutやYahoo!ニュースなど。

 

これらのサイト、あなたは本当に読みやすいと思いますか?

 

改行はほとんどしておらず、

「これでも読めるか?」

と、まるで挑戦されているような気になるほど、
文字が詰め込まれてしまっています。

 

パソコンでならまだしも、
スマホやタブレットなんかで読もうとすると、
目が悪くなってしまいそう。。。

 

 

次に、専門系のサイト。

 

「専門系」というと、一つのジャンルに特化しているので、
一見すると、かなりの強豪サイトに感じるかもしれません。

ですが実は、
一つ一つの記事の内容は薄いものが多いです。

 

なぜかというと、サイトのページ数を増やすために、
一つ一つの記事の内容を薄くせざるを得ないから。

 

いまいち中身の無い専門系サイトへの対抗策としては。

あなたが狙っているキーワードで、
一つ一つの記事クオリティをしっかりと作れば、
十分にそのサイトよりも上位に出る事が出来るでしょう。

 

 

大手サイトに関しても同様です。

もし、大手サイトが検索エンジン側から、
特別優遇されているとすれば。

どんなキーワードで検索しても、
ほとんどが大手サイトに埋め尽くされてしまうはず。

 

でも、そんな偏った検索結果にはなりませんよね。

さきほど例に挙げたAll AboutやYahoo!ニュースのようなサイトが
上位表示されていたとしても。

一般のブログが1位や2位に表示されているところ、
見たこともあると思います。

 

逆に考えると、
大手サイトとブログ記事が逆転しているのを見つけたら、
チャンスと思っても良いでしょう。

他のブロガーやアフィリエイターが狙わない市場ですから。

 

 

もう一つ気になるのは、
ヤフーカテゴリに登録されているサイト。

 

以前は、ヤフーカテゴリに登録されているサイトは、
かなり強かったのですが。

最近では少しずつ弱くなっています。

というよりも、ブログ本来の価値が正しく評価されてきています。

 

お金を出せば上位表示されるなら、
お金持ちがどんどんお金を生み出せるという事。

たとえそれが、誤った情報ばかりのブログだったとしても。

 

でもそれは、検索エンジンのユーザーである一般の人にとっては無益。

それどころか、害しかありません。

GoogleやYahooにとっても、
望むところではないはず。

 

 

数年前から言われ続けていることですが、
今後はさらに、この傾向が強くなっていくでしょう。

 

では、サイトやブログを強くして、
しっかりと狙ったキーワードで上位表示させるには、
どうしたら良いのか?

それは、有益で見やすい記事を、
毎日しっかりと積み重ねていく
こと。

唯一無二にして、最高のSEO対策。

これに尽きます。

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト運営者:草薙悠
ブラック企業ばかりと言われるアパレル系の会社で働きつつ、副業のネットビジネスでゆったり悠々自適に生活しています。


⇒ プロフィール


⇒ お問い合わせ先
高額塾リアル実践記
最近の投稿
カテゴリー